Skip to content

不動産投資マイスター Master of Real Estate Investment

銀行サイドもかなり戸惑っているのでしょう


昨日(このブログを打っているのは6月21日です)、スマートデイズ絡みでス〇ガ銀行の横浜東口支店を訪ねてきました。

今回の話は、スマートデイズ絡みと言っても、割と前向きの話だったのでトラブることもなく打合せが出来たのですが、ちょっと気になる事もありました。
まず、ご担当自体が、今回の(スマートデイズ)問題をしっかりと把握していない様に思えたこと。
この問題に対する私自身の考えは、被害者の会的な組織や弁護団のそれとは少し(認識の)差があるので、特に意見を言う気もありませんが、集中攻撃されているス〇ガ銀行さんとしても相当に戸惑っている上に最終的な落としどころを見出せないでいるのしょうね。
それとも、ワザとなのか・・
それと、行内の人員配置がかなり変わっています。
既に「どう言う経緯で取引が始まり、誰が主導した結果、今回の問題に至ったか」すら分からなくなってしまっている様にも思えました。

しかし、この問題自体、被害者周辺の人達が思うほどには、その実(一般)世間からの注目度は、そう高くないです。
以前、とある地上波の社員の方に「御社では、この問題に付いて余り取り上げていない様ですが、何か理由があるのですか」と訊ねたことがあるのですが、その時の答えが「特に興味がないからでしょう」と言うもので、一瞬、ビックリした私も、じっくり考えてみると、何となく腑に落ちました。
前述の弁護団も攻めどころを間違えると、却って世間をしらけさせてしまう危険性もあります(世間の後押しがないとトラブル処理も進み辛くなるでしょう)。

話は変わりますが、この問題が起きてから私自身、シェアハウスの情報に接する機会が増えたのですが、しっかりしたコンセプトを持っている物件の需要は相変わらず高いですね。
私自身が次に購入を考えている物件もシェアハウス用のものなので、運営をお願いする業者さんとの(コンセプトの)刷り合わせには力を入れつもりです。

コンセプトと言えば、「かぼちゃの馬車」も適正な開発数を守っていれば、それなりに成長するスキームだった筈なのですが、お金に目が眩んだ、ごく一部の(経営陣)人の考えで、アッと言う間に多くの被害者を出し、そして頓挫してしまったことは、残念なことです。

再三になりますが、被害者の会、その弁護団も攻めどころを誤らない様に、そして、ス〇ガさんもしっかりとした対応をしてください。

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】