Skip to content

不動産投資マイスター Master of Real Estate Investment

金融機関のストライクゾーンが狭まる。各WEBサイトの信頼性


金融機関のストライクゾーンが狭まる=

各金融機関の融資基準の内、物件の評価がかなり厳しくな
ってきている。
ストライクゾーンが狭まってきているのだ。
最近では、最もストライクゾーンが広かった(フレキシブ
ルであった)ス○ガさんもここの所、かなり厳しくなって
いる。
収益物件、特に一棟ものの市況は、3月頃より、かなり回復
してきた。
投資家の意欲は上昇してきているのに、金融機関の動きは
逆行すると言う、正に「銀行は、晴れた日に傘を差し出す」
だ。
ただ、やはりと言うか、属性が高い方や確りとキープして
いる方には、やや緩めの判断をする事も否定できないので、
日頃の行動や投資に対する姿勢、また、融資申請や審査時
の対応には、神経を使って欲しい。
その辺は、最近、「通販大家さん」のサポートスタッフと
して、仲間に加わった中村氏(外部スタッフ)に聞いても
らうと良いでしょう。
丁度、「通信課程 大家さん育成講座」の2回目のセミナー
日程も決まったようですので、是非、ご参加下さい。

=各WEBサイトの品格=

以前からある事だが、不動産関連のサイトの内、物件情報
を掲載しているサイト内の情報の確度が低過ぎる。
酷いサイトになると、「これは、いける!」と思える情報
の内、かなりの物がおとり、ハッタリ、売却済み、そもそ
もその業者には売却を依頼していない、情報ばかり。
まぁー、これを言っちゃ始まらないが、これが私達、不動
産業界の限界なのだろう。
でも、一般の投資家から見ると、判断できないのは当然の
事。もう少し、誠意を持った仕事をして欲しいものです。

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】