Skip to content

不動産投資マイスター Master of Real Estate Investment

人気エリア、プレミアム、付加価値、賃料調整etc


相変わらず、山あり谷ありの人生に翻弄されている私です。
強気・勝気の塊の様な人間だと思っていた自分も、思いの外ストレスに弱く昨年から続く環境の変化に付いていけずに全てにおいてやる気が失せてつつあったのですが、1週間ほど前から、やっと少しずつですが気持ちが前向きになってきました。

まずは、新しいものへの挑戦も良いけれど、今まで私を支えてくれていた大切な物件たちの状況の見直しを思い立ち、確認したところビックリ、そしてガックリ。
何と空室が増えていたのです。
時期的に退去が出るのは理解できるのですが、その後が問題、今までの様にはすんなり埋まらないのです。
ここで、この物件の概要を説明しておきますが、某地方(中堅)都市の駅徒歩圏内、賃料設定も比較的低めにしてあるので、今までそう長い期間空室のままだったことはないのですが、今回はちょっと苦労しそうな予感です。

ここでいつものリサーチ癖が・・
直近のデータはまだどこにもないので、まずは自分の足と目で調べてみたのですが、地方都市だろうが一都三県内人気エリア、いや都心であっても本当に人気がある(≒空室となっても、早めに埋まる。複数の見込み客が付く)立地の範囲が狭まってきています。
そして、地方都市、それも規模が小さい都市ほど、この傾向が強くなっていくでしょう。
以前も少し書いたことがありますが、「空いても直ぐに埋まる範囲(プレミアム)」と「努力によって埋まる範囲」、「そして何をやっても中々埋まらない範囲」の三極化が着実に進んでいるのです。

ただ、一つ目のプレミアムな範囲にある物件は当然に(価格が)高く、投資家目線で見ると買いたくても、中々手が出せません。
投資家人生の最終段階にあって、物件の入替えを進めている方や、多くの資金を費やしてでも資産を不動産さんに移そうとしている方々なら、是非とも、このプレミアムな範囲内にある物件を買うべきでしょう。
しかし、そうでない一般的な不動産投資家さんは、二つ目の「努力によって埋まる範囲」の物件を狙うべきです。

では、どの様な努力をすれば良いのか?ですが、

すいません。時間切れです。
続きは次回に

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】