Skip to content

不動産投資マイスター meister

 

現在の環境は、自分にとっての不動産投資を見直す絶好のタイミング4

あい変わらず、直ぐにテーマから外れてしまう癖が治らない私ですが、懲りずにお付き合いを。さて、今回は属性を挙げながらターゲットとする物件を考えて行きましょう。まずは、再確認ですが、新規参入者(ビギナーさん)さんは、余程多くの自己資金を入れるか、持ち込んだ金融機関の事情(成績)と合致しない限りは融資を引き出すのは相当に困難で、私としては1~2年間は厳しいと判断しています。考えてみれば、既に数年前までの

Go somewhere

現在の環境は、自分にとっての不動産投資を見直す絶好のタイミング3

このテーマの3回目です。今回は、今の内に見直しておくべき3つ要素の3つ目〇自分にとって適切な物件とは?です。要するにどんな物件を買うべきかという事ですが、これは、やはり属性次第で変化しますので、まずはご自分の属性をしっかりと認識しておきましょう。これは、ナビで例えると現在位置の確認ですね。目的地までの道順を導き出すには、目的地が分かっているだけでは駄目で、現在位置も確実に認識している必要があります

Go somewhere

現在の環境は、自分にとっての不動産投資を見直す絶好のタイミング2

さて、前回の続きです。この機会に見直しておいた方が良い3つの要素の2つ目と3つ目です。2つ目の「大家としての資質、能力」、これも、これからの賃貸業で勝ち残っていく為に説明の意味すらないほど重要な要素ですね。多くの大家さん方とお会いし、お話を伺ってきて分かるのは、実のところ、多くの方が「他人任せ」だと言う非常に残念な事実。偉そうなことを書いているこの私も、同様に他人任せの部分が少なくありません。ただ

Go somewhere

現在の環境は、自分にとっての不動産投資を見直す絶好のタイミング

過去にも似たテーマで書いた記憶がありますが、今回は、現在の不動産投資を取り巻く環境を踏まえた上ででのものです。現在の環境って言うと説明するまでもないでしょう、そう、まずは「融資」、それと物件(収益不動産)価格の動きでしょう。これらを踏まえて、まずは下記の3つの要素に付いて見直してみることをお勧めします。〇金融機関は(自分を)どう見る(評価する)か?〇大家としての資質、能力は?〇自分にとって適切な物

Go somewhere

物件探しもいと楽し 不動産屋は物件を見てなんぼだ

しかし、何なんですか?今回の日馬富士の一件は。大の相撲ファンって訳ではないけれど、今回のトラブルに付いては、協会だけでなくメディアの対応にも腹が立つ。イライラしつつ今回のテーマ「物件探しもいと楽し」この1年半から2年ほどは、本当に売るべき物件を見つけ出す事が困難で苦しんできました。私たちは幸いにも早くから「投資用陽光発電所」に目を向けていたので、何とか乗り越えてきましたが、「通常の収益もの一本でや

Go somewhere

物件不足!

--物件不足!--通販大家さんの会員の方々は、既にご承知の事と思いますが、先週はメルマガが出せませんでした。理由は簡単、良い物件情報を入手出来なかったのです。ここのところ、しっかり毎週出せていたのに、本当に歯がゆい限りなんですが、不確かな情報を提供するよりは出さない方が良いだろう、との決断です。しかし、この3~4か月は本当に良い物件が枯渇してきましたね。理由を考えてみたのですが、元々、市場が軟調な

Go somewhere

無料メール講座「通信課程 大家さん育成講座」講師挨拶

(はじめにこのブログのページにも様々な業者さんの宣伝が載りますが、私共とは一切関係がありませんと事をお断りしておきます)「100年に一度の危機(金融危機、経済危機)」を受けて壊滅的な状況に向かっていた世界経済も世界各国の景気政策総動員により、回復の糸口がおぼろげながらも見え始め、一時はそれまでの半分にまで下落した株式市場も「悪材料が出尽くした」との判断で底値形成、短期反転を期待するアナリストも目立

Go somewhere

測定する事の危険

測定(計る事)する事の危険次のレポートで少し掘り下げるつもりでいますが、今、通販大家さんが提案する物件の価格設定のプロセスを考え直しています。これは、市場の状況を受けての処置であり、市場の状況が変化すれば、それに合わせて、また変える事もあります。今の市場環境は、買い手側の意志が反映しやすい状況にあります。特に業者持ちの物件は、数ヶ月前と比較してもかなり値を下げてきており、買いのレンジに入る物件が増

Go somewhere

海外不動産投資を学び、そして実行してみる

海外不動産への投資に興味がある方ならご存知の方も多いと思いますが、最近、ダッカに注目が集まっている様です。そうバングラデシュの首都、ダッカです。私自身も2、3ヶ月くらい前から注目していたのですが、特に伝手もなく、「どの様に情報集め、どう研究するか?」が大きな課題でした。思い立ったは良いものの、その後、具体的な行動は殆ど出来ずで悶々としていたのですが、今日、前に進める可能性が見えてきました。以前から

Go somewhere

海外不動産投資に付いて考えてみる

海外不動産投資って必ずと言って良いほど、何年かに一度のペースでブームが来ますね。最近では(日本)国内の不動産投資が行き詰る中、幾つかの販社が積極的に海外不動産を勧め始めていますね(特に実需系大手販社が少し前から「アメリカ不動産」の販売にかなりの力を入れていることは有名ですね)。海外不動産への投資って、実際、どうなんでしょうね?実は、私自身、海外不動産投資に付いては、かなり早くから挑戦しています。成

Go somewhere

浅草、エ~街だわ 民泊的聖地

先日、民泊にコンバージョンする目的で購入した浅草の物件の工事に付いて設計士さんと打ち合わせしていた時、その設計士さんから「物件の前にお住まいの方が工事に付いて何も聞いていないぞ。挨拶に来いって伝えておけ、と言ってましたよ」との報告。忘れていた訳ではないのですが、何となく遅れ遅れになっていました。昨日、少し時間が出来たので、早速、ご挨拶に伺う事にしました。十番で手土産を買い、慌てて地下鉄で浅草へ。実

Go somewhere

決済ラッシュ

今日は決済ラッシュ流石に年末ともなると決済が集中しますね。今日は、東京と仙台に分かれて同時に複数の決済があります。取り敢えず、仙台は販売の北村君に任せて、私は、先日ブログでもご紹介した飯能の物件の決済に立ち会いました。実は、この物件、私自身も欲しくて融資の打診まで行っていたのですが、お客様の購入の意思が固まった事を受け、契約、決済となりました。本来、私達「通販大家さん」のスタッフは、会員さんが購入

Go somewhere

民泊を本気に学ぶ コミュニケーションラーニング

「民泊」って言っても私達「通販大家さん」が係る民泊は合法のものなので、本当なら旅館とかホテルと呼ぶべきなのでしょうが、規模やコンセプト、ターゲットの違いから「民泊」としておきましょう。ここのところ、このブログでは、この新たな投資対象の事を何度か書いてきました。「自分たちが経験してないものを会員さんには売らない」なんて自分達で決めた足かせの為に研究を始めてから実際に販売をスタートするまでに、かなりの

Go somewhere

民泊 勉強不足が露呈した セミナーまでに修正しなければ

このブログでも民泊に付いて何回か偉そうな事を書いてきましたが、やりました、やっちゃいましたよ。把握ミス、確認不足、勘違い、思い込みと幾つもが複合的に絡んだミスをやらかしました。セミナーの準備に入る段階だと言うのに、このミスにはちょっとガックリ、反省しきりです。今回のミスはと言うと、向島で計画していた民泊用の物件の階段部分で問題が発生したのです。この物件、初のテナント型の計画でもあり、私としても力を

Go somewhere

業者間の押し合い圧し合い

昨年までの3、4年間、収益不動産を扱う業者は、殆どミニバブル化した市況下で小さくない利益を得てきました。しかし、今年に入ってからは、融資環境の更なる悪化から業績を大きく落としているところが多いようです。私共「通販大家さん」では、想定していた範囲内で業績が推移していますが、やはり伸びてはいません。しかし、想定の範囲内の結果を出せている事自体、本当にありがたい事で、やはり、代表の金森のブランド力に感謝

Go somewhere

業界も二極化が進み始めている様な

年の瀬だと言うのに、不動産業界は何とも暗い雰囲気の中です。さすがの「通販大家さん」も、いつもよりも静かな師走で、若干拍子抜けしています。他の販社さんの動きを見てみると「積極派と消極派」、「攻めと守り」の二極化傾向にあります。消極派(守り)の中には、既に動きを止めてしまったところもあり、首をすくめて次の機会をまっているのか、それとも責任を放り投げて逃げる気でいるのか(既に逃げを打っている販社もいるそ

Go somewhere

業界では業者のふるい落としが続いています

ちょくちょく勉強させてもらっているとあるブログを読んでいたら「不動産(投資)も踊り場」って表現が使われていたのですが、実際に不動産投資の世界で飯を喰っている人達からすると踊り場どころか足もとが一気に崩れた様な状況ではないでしょうか?私達「通販大家さん」にも毎日の様に販社から物件紹介の電話が掛かってきます。内容は、自社の所有する物件を購入しませんか?と言うもの。中には、検討できる物件もあるにはあるの

Go somewhere

棚上げ大家さんなら良いけどボケボケ大家さんじゃまずいよな~

あるコンサルタントさんのコラムに「棚上げ力」ってテーマのものがあって読ませてもらったのですが、なるほど、時には棚上げしておくべき課題やらタスクって結構ありますよね。実は、私、棚上げ力、最強の男なんです。以前から「身の程知らず」「身の丈に合わない」仕事に手を出してしまうタイプなので、時々、いやちょくちょく思考と行動がダウンしてしまうのを避ける為に、この「棚上げ力」を発揮して、ものごとを見る角度を変え

Go somewhere

東京から地方への流れをどう作るかだ!

前回は、民泊に係り始めた私が(インバウンド市場を通して)東京に付いて書いてみました。書きながら考えたのですが、折角のインバウンド市場の拡大も、今のままでは東京をはじめ本当に一部の人気都市にしか恩恵がありませんね。これを、何とか他の地方都市にまで拡げる事って出来ないものでしょうか?多分、横浜、大阪、京都等の大都市や余程しっかりした観光資源を持っている都市以外は、どこも同じ事を考えているのではないでし

Go somewhere

本当に努力してきたのか?って訊かれると、自信がないな。賃貸業

昨日のブログにも書いた通り、近々に開催予定の「Meetup 民泊」のカリキュラム作りにあたり、再度、民泊に付いて色々と勉強していると「一般的な賃貸業(≒大家業)って本当に努力しているのか?」って疑問と情けなさを感じてきた。実際に民泊を運営している方々の中には、特に付加価値サービスに付いては驚くレベルで努力している方がいるし、常に新たなサービスを研究していらっしゃる(既に単なる宿泊施設に留まらずサー

Go somewhere

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】