Skip to content

金森重樹の不動産投資コラム 金森重樹の不動産投資コラムの目次に戻る

第6章:エリアマーケティング / 第117回:ここがおかしい日本の不動産投資3「ファンドの今後」

第117回:ここがおかしい日本の不動産投資3「ファンドの今後」

では、今後のファンドの動きはどのようになっていくのでしょうか。
空井さん
個人的な見解としては、ファンドバブルは、今後5年以内の金利上昇局面で弾け、わずかな勝ち組のファンドが、多数の負け組のファンドをM&Aしていくプロセスを経ると思います。
その時に、大バーゲンが行われるので、今は物件の取得をそれほど焦る必要はないと思います。
このまま一本調子に地価が回復していくとは思えません。
投資は(1)価格と価値のギャップ、(2)需要と供給の原則、(3)マーケットサイクルを判断して、将来の不確実性のリスクを取るゲームだと思います。
いくつかのファンドは「国内での有利な取得は難しい」と判断して、いよいよ日本のファンドも、海外不動産へ資金の一部をシフトしていく戦略を取り始めています。
いずれにしても、バブルが崩壊してから日本にも不動産投資市場が誕生したわけで、その歴史もまだ浅くダウントレンドを経験していませんので、これからダウントレンドが訪れた時に「投資家としてどう行動できるか」が、勝負の分かれ目だと思います。

重樹金森_ProfilePhoto

金森重樹(かなもりしげき)

1970年生まれ。東大法学部卒。

ビジネスプロデューサー。不動産投資顧問業、株式会社金森実業代表取締役。

不動産投資ノウハウ、収益物件情報の提供から融資付け、賃貸募集の支援まで行う「通販大家さん」を運営し、メルマガ会員の億単位の資産形成をサポート。(会員数3万5,000人)

読者数20万人のメールマガジン「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名。

「超・営業法(PHP研究所)」「ハイパワー・マーケティング(インデックスコミュニーケーションズ)」「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング(ダイヤモンド社)」など、著書・監訳書多数。

『完全ガイド100%得をする「ふるさと納税」生活』という本を出版してから、「ふるさと納税の達人」として有名に。各メディアから取材が殺到している。

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】