Skip to content

金森重樹の不動産投資コラム 金森重樹の不動産投資コラムの目次に戻る

第6章:エリアマーケティング / 第114回:不動産投資の外部環境2「立地特性」

第114回:不動産投資の外部環境2「立地特性」

ある物件は、駅からバスで15分の更地であったため、あまり見向きもされずに長期間レインズで棚晒しの状態にありました。
僕が現地に見に行ってみると、実はその土地は、国立大学の正門から僅か2分の位置にあり、大学から最寄駅まではかなり離れているため「大学周辺での学生の需要が非常に高い」ということが分かりました。
それで、ボリュームプランをいれてみると、新築でグロス12%以上の利回りが見込めるものであったため、メルマガ会員の方に紹介しましたが、一瞬で売れてしまいました。
これなども、マイソクなどの物件の図面を見ていたのでは「駅からバス15分の更地」としか出ていないわけですから、なかなか触手が動かないでしょうが、そのエリアを深く知っていたことから、現地を見ていけると判断してのことでした。
不動産においては、情報は全員に完全に行き渡っていません。
情報が非対称であるからこそ、特定のエリアを深く知って、現地を見て立地特性を判断して、個別の要因で隠された需要がある物件を発掘してくることが大切です。

重樹金森_ProfilePhoto

金森重樹(かなもりしげき)

1970年生まれ。東大法学部卒。

ビジネスプロデューサー。不動産投資顧問業、株式会社金森実業代表取締役。

不動産投資ノウハウ、収益物件情報の提供から融資付け、賃貸募集の支援まで行う「通販大家さん」を運営し、メルマガ会員の億単位の資産形成をサポート。(会員数3万5,000人)

読者数20万人のメールマガジン「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名。

「超・営業法(PHP研究所)」「ハイパワー・マーケティング(インデックスコミュニーケーションズ)」「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング(ダイヤモンド社)」など、著書・監訳書多数。

『完全ガイド100%得をする「ふるさと納税」生活』という本を出版してから、「ふるさと納税の達人」として有名に。各メディアから取材が殺到している。

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】