Skip to content

金森重樹の不動産投資コラム 金森重樹の不動産投資コラムの目次に戻る

第4章:巨額の自己資金なんて必要ない / 第40回:収益還元法5「融資可能年数と元利金返済」

第40回:収益還元法5「融資可能年数と元利金返済」

次に元利金返済ですが、これは物件の構造によって違います。
RCですと、融資期間は47年、重量鉄骨ですと融資期間は35年、軽量鉄骨または木造ですと22年を最大とし(これは、各金融機関で微妙に期間が異なります)、これから築後の経過年数を控除した期間が、融資可能年数です。
先程の例でいくと、平成元年築ですので、築17年と計算します。
としますと「47-17で30年」がローンが組める最長期間となります。
金利は4%を上限とみて、これで計算します。
今回のケースでは、物件価格24,000万円に、諸費用を約7%で1,700万円とみて、借入金額25,700万円、元利均等30年変動4%で組みますと、年間返済額1,472万円です。
右側の合計は487万円+1,472万円=1,956万円
左側(1,990)>右側(1,956)となります。
収益還元法でやって、左側が大きい場合には、希望金額の25,700万円は融資可能と予測されます。
実際にも彼女は、諸費用分も含めた満額の融資を受けて、物件を手に入れました。
今回お話した収益還元法の計算は、条件がつきます。次回はそれらの条件についてお話したいと思います。

重樹金森_ProfilePhoto

金森重樹(かなもりしげき)

1970年生まれ。東大法学部卒。

ビジネスプロデューサー。不動産投資顧問業、株式会社金森実業代表取締役。

不動産投資ノウハウ、収益物件情報の提供から融資付け、賃貸募集の支援まで行う「通販大家さん」を運営し、メルマガ会員の億単位の資産形成をサポート。(会員数3万5,000人)

読者数20万人のメールマガジン「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名。

「超・営業法(PHP研究所)」「ハイパワー・マーケティング(インデックスコミュニーケーションズ)」「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング(ダイヤモンド社)」など、著書・監訳書多数。

『完全ガイド100%得をする「ふるさと納税」生活』という本を出版してから、「ふるさと納税の達人」として有名に。各メディアから取材が殺到している。

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】