Skip to content

金森重樹の不動産投資コラム 金森重樹の不動産投資コラムの目次に戻る

第3章:不動産投資のノウハウ / 第29回:取引コストの大きさ

第29回:取引コストの大きさ

そして、最後に区分所有の最大のバカバカしさは、たかだか1,500万円程度の投資のために、物件の資料を取り寄せたり、詳細内容を検討したり、銀行の融資の打診をしたり、契約したり、その他、物件取得に膨大な取引コストが掛かるということです。
1,500万円の物件を1室購入するのも、20室で3億円の物件を一棟買いするのも、手間は対して違いません。
とすれば、区分投資をした方が、20室に物件を増加させるには、単純にいって20倍の労力が掛かるわけですよね。
通販大家さんのメルマガ会員の方の中には、200室、300室所有している方もいますが、区分でそれを達成した方を僕は知りません。
結局のところ、区分投資とは、月々数千円の持ち出しという比較的痛みの少ない損失を長期に渡ってオーナーに与えることで、最終的には大きなダメージを与える投資といえます。
例えて言えば、麻酔を掛けられて体をゆっくりと切り刻まれているようなものですね。

重樹金森_ProfilePhoto

金森重樹(かなもりしげき)

1970年生まれ。東大法学部卒。

ビジネスプロデューサー。不動産投資顧問業、株式会社金森実業代表取締役。

不動産投資ノウハウ、収益物件情報の提供から融資付け、賃貸募集の支援まで行う「通販大家さん」を運営し、メルマガ会員の億単位の資産形成をサポート。(会員数3万5,000人)

読者数20万人のメールマガジン「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名。

「超・営業法(PHP研究所)」「ハイパワー・マーケティング(インデックスコミュニーケーションズ)」「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング(ダイヤモンド社)」など、著書・監訳書多数。

『完全ガイド100%得をする「ふるさと納税」生活』という本を出版してから、「ふるさと納税の達人」として有名に。各メディアから取材が殺到している。

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】