Skip to content

金森重樹の不動産投資コラム 金森重樹の不動産投資コラムの目次に戻る

第2章:投資における心構え / 第13回:脳の狂いは予想外に大きい?

第13回:脳の狂いは予想外に大きい?

思い出してみてください。
あなたは、小学生の時に全てのテストが100点でしたでしょうか?
中学生の時は?
物事の判断をする時に、人間は自分の脳のデータベースにアクセスして、それと照合することによって結論を出すわけですよね。
ところが、自分の判断の拠って立つ根拠となる知識が、仮に小学校の時のテストのように80点だとしたら20%は間違っているわけですよね。
仮に互いに因果関係にある2つの事実によって形成されている物事を判断する場合には、1つ目で80%の正しさ、2つ目で80%の正しさで物事を判定したとすると、2つの事実を元にしてする判断は、0.8×0.8=0.64で、あなたの判断には既に36%の狂いが生じる可能性があるわけです。
これは、極端な例ですが、仮にここまで行かないとしても、これが自分が信頼していた脳というコンピュータの現実だとしたら結構な狂いだと思いませんか?
かといって、通常90%位正しい事柄は、100%正しいものと仮定するのでないと、時間がかかってしまい、とても日常生活が送れるものではありません。
ですから、本当は若干違っているとは分かっていても、我々は物事を厳密に検証することなく、AならばBという自動的な反応によって暮らしていかざるを得ません。
ますます情報が溢れる世界に生きなければならない我々は、これまで以上に短時間での判断を求められることが増えますので、次第に現実と微妙にずれた簡便な仮定にべったりと依存するようになります。
つまり、逆説的ですが、情報が増えれば増えるほど、人間は自動的な反応に依存し、物事を正常に判断できなくなるという状況に陥ります。

重樹金森_ProfilePhoto

金森重樹(かなもりしげき)

1970年生まれ。東大法学部卒。

ビジネスプロデューサー。不動産投資顧問業、株式会社金森実業代表取締役。

不動産投資ノウハウ、収益物件情報の提供から融資付け、賃貸募集の支援まで行う「通販大家さん」を運営し、メルマガ会員の億単位の資産形成をサポート。(会員数3万5,000人)

読者数20万人のメールマガジン「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名。

「超・営業法(PHP研究所)」「ハイパワー・マーケティング(インデックスコミュニーケーションズ)」「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング(ダイヤモンド社)」など、著書・監訳書多数。

『完全ガイド100%得をする「ふるさと納税」生活』という本を出版してから、「ふるさと納税の達人」として有名に。各メディアから取材が殺到している。

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】