Skip to content

金森重樹の不動産投資コラム 金森重樹の不動産投資コラムの目次に戻る

第2章:投資における心構え / 第11回:コンフォートゾーン4「ネガティブな情報は無視」

第11回:コンフォートゾーン4「ネガティブな情報は無視」

前回の内容をもう少し、詳しくご説明します。
人間は、自分の欲求不満が合理的な方法で解消されない場合に、非合理的な適応の仕方をして、自分を守ろうとします。
これは、フロイトが打ち出した防御規制という概念です。
この内に「合理化」というものがあります。これは、自分の本当の欲求を自己欺瞞で偽り、自分がいまおかれている状況を正当化しようとすることです。
イソップ物語に「すっぱいブドウ」という話があります。
狐が高い所にあって、手が届かないブドウを見つけたのだけど食べることができません。
それで、どうしたかというと「あれは、酸っぱくておいしくないんだ」と言ったわけです。
ブドウの価値を相対的に引き下げることによって、自分自身の欲求不満を処理しているのです。
その本質は「負け惜しみ」だと言うことができます。
本当は、彼らだってお金儲けはしたいだろうし、頑張っていた時期もあったと思います。
ですが、色々やってみた結果、自分は金儲けの能力がないとはっきりと分かった結果、欲求不満が生じたわけです。
その結果、自分の金儲けに対する欲求と、自分が今おかれた状況である「稼ぐ能力がない」という現実のギャップを解消しようとして「世の中金儲けだけじゃない」という発言をするわけです。
ですから、そういう人に限って、金に汚かったりします。
これが、行き過ぎるとニーチェの言うところのルサンチマン(強者に対する弱者の憎悪や復讐衝動などの感情が内攻的に屈折している状態)となり、遂には「金持ちは悪いことをして儲けているから金持ちなんだ」「だから、貧しく生きることのほうが正しい」等という捻じ曲がった価値観になってしまいます。
ネガティブな情報は無視しましょう。
そのような人達の言葉の裏には、このような欲求不満が隠されているのです。
こんなことを頭の片隅にでもおいていたら、投資とかお金を稼ぐことに罪悪感を感じ、心理的にブレーキが掛かってしまいますから。
投資に対して罪悪感を感じることなく、まず経済的な安定だけに意識を集中してください。
そのためには、この不動産投資コラムに書いてある知識や情報を吸収して、セルフイメージをポジティブなものへと変えていく必要があります。

重樹金森_ProfilePhoto

金森重樹(かなもりしげき)

1970年生まれ。東大法学部卒。

ビジネスプロデューサー。不動産投資顧問業、株式会社金森実業代表取締役。

不動産投資ノウハウ、収益物件情報の提供から融資付け、賃貸募集の支援まで行う「通販大家さん」を運営し、メルマガ会員の億単位の資産形成をサポート。(会員数3万5,000人)

読者数20万人のメールマガジン「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名。

「超・営業法(PHP研究所)」「ハイパワー・マーケティング(インデックスコミュニーケーションズ)」「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング(ダイヤモンド社)」など、著書・監訳書多数。

『完全ガイド100%得をする「ふるさと納税」生活』という本を出版してから、「ふるさと納税の達人」として有名に。各メディアから取材が殺到している。

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】