Skip to content

金森重樹の不動産投資コラム 金森重樹の不動産投資コラムの目次に戻る

第1章:億単位の借金をしなさい / 第1回:プロローグ

第1回:プロローグ

「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ!超・マーケティング」(ダイヤモンド社)で僕は、労働集約型産業の典型である行政書士で年収6,000万円を超えるまでの過程と、労働集約型産業の壁を超えて、インターネットを使って行政書士事業を知識集約型産業に昇華させ、年収1億円を突破するまでの過程について詳細に書き記しました。
その中で「札束に火をつけて燃やせない人間は商売をやめなさい」という趣旨の内容を書いています。
前著からちょっと引用してみますと「(毎月数十万円の広告費をネットに投入をすることが)もしできないとすれば、あなたはよほどの幸運か人脈がない限り、残念ながら永久に成功のきっかけを閉ざされています。札束に火をつけて燃やす覚悟が無い人間は、商売の世界では勝てませんので。
つまり、それができない限り、あなたは1%の勝ち組ではなく99%の負け組み確実に含まれてしまうのです。
そういうと「他人の失敗例を見て失敗しないようにすればいい」という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、残念ながら、見るとやるとは大違いで、札束を燃やす緊張感の中に置かれてこそ、商売の間隔は研ぎ澄まされて成功への道が開けるのです。
「今は、資金的に厳しいから、今度お金ができてからやるよ」とおっしゃる方。
金がないなら、なぜ借金して広告費に投入しないのですか。一生懸命やって、それでもだめだったら、特定調停なり自己破産なりして、一から頭を丸めてでなおせばいいじゃないですか。
そのほうが、負け組みになって犬死するよりもよっぽど学びがあります。
実際僕が独立して行政書士をはじめたときには、貯金がゼロでしたから、借金をしてはじめましたし、インターネットをはじめたときにも、借金をして資金を捻出しています。
念力でどんなに頑張ったって、池の水を動かすことはできないのです。
池の水を動かすには、小石を投げ込むしかないのです。
それと同じで、札束を燃やすこと無くしては、客を呼び寄せることなど絶対にできません。」といった内容を書きました。
そして「超・マーケティング」を読んだ複数の方から「借金をして札束に火をつけて燃やすことの大切さは理解できたけれど、怖くて実行できない」というお話をいただきました。
なぜ彼らは札束に火をつけて燃やすことができないのでしょうか?
彼らが恐怖心を抱く理由は「子供の頃の価値観」を大人になっても引きずっているからです。
人間は、子供の頃は甘いものが好きですが、大人になるにつれて、酸っぱい物や苦いものも好きになっていきます。
これは、苦いものは植物毒など体によくないものである可能性が高く、また酸っぱいものは、腐敗物によってできる乳酸によって酸味が感じられる可能性があるため危険回避のために子供は本能的に、苦いもの、酸っぱい物を嫌うからのようですね。
ところが、大人になると、苦いものが必ずしも毒ではないことを学んでいますし、酸っぱい物が必ずしも腐敗物ではないことを学んでいます。
ですから、必要以上の危険回避をすることなく、梅干やビール、ふきのとう等の酸っぱいもの、苦いものも好むようになるわけですね。
つまり、味覚は学習によって変化し、過剰な危険回避行動は取られなくなっていくわけです。
ところが、ひとたび事がお金に関することになると事情は全く違います。お金に対する危険回避行動は大人になっても変わらないことが多く、このため、彼らは恐怖心を抱いているのです。

重樹金森_ProfilePhoto

金森重樹(かなもりしげき)

1970年生まれ。東大法学部卒。

ビジネスプロデューサー。不動産投資顧問業、株式会社金森実業代表取締役。

不動産投資ノウハウ、収益物件情報の提供から融資付け、賃貸募集の支援まで行う「通販大家さん」を運営し、メルマガ会員の億単位の資産形成をサポート。(会員数3万5,000人)

読者数20万人のメールマガジン「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名。

「超・営業法(PHP研究所)」「ハイパワー・マーケティング(インデックスコミュニーケーションズ)」「インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング(ダイヤモンド社)」など、著書・監訳書多数。

『完全ガイド100%得をする「ふるさと納税」生活』という本を出版してから、「ふるさと納税の達人」として有名に。各メディアから取材が殺到している。

収益物件情報メルマガ

プロの目利き収益物件情報を、メルマガで即時配信!
一棟売りアパート&マンション、投資用不動産情報
不動産投資を検討中なら、まずはメルマガ登録を!
レインズ掲載前の物件情報を配信、検索ではもう遅い!

収益物件情報メルマガ【登録】